子どもへの薬の飲ませ方。

先月、娘が何度も風邪を引いてしまい
そのたびに病院で薬をもらうんですが、
飲みきらないうちに、また新しい風邪を引いて
新しい薬をもらってくるので
何日も薬を飲み続けなくちゃいけなくて。
1ヶ月間、薬を飲んでいない日がないような感じ・・

なんとなく体に悪そうな気がしたので
この本を読んで勉強してみると、

ほんとに知らないことだらけでしたよ!



まず、「ウイルスが原因の風邪を治す薬はありません」ということにビックリ!

風邪の症状を和らげる薬を飲みながら自分の免疫力で治すしか方法はないそうで、

「薬をのんでも、のまなくても治るまでの期間はかわりません」とのこと。

薬をのむのは、水分、栄養、睡眠がしっかりとれるように風邪の症状を和らげるためで、

しっかりと水分、栄養、睡眠をとれば風邪は自然に治るそうです。


この基礎を私は知らなかった!
あの薬、風邪を治す薬じゃなくて
症状を和らげる薬だったのか!

娘よ、むやみに薬を飲ませてごめん!!


本を読みながら、自分で細菌感染とウイルス感染をまとめてみると、
あ、ほぼウイルス感染!
a0151356_638247.jpg

これも、へー!でした。
知るって大切。


そして、気になる抗生物質の話も。

「ウイルス性の風邪には、抗生剤は必要ない」そうです。

昔は、風邪のときにあとから細菌感染を合併するのを予防するために抗生剤を処方することがあったけど、最近は細菌感染の予防のために抗生剤をのむことは推奨されていませんって書いてありました。


ダイエットとか健康の本にも、よく

「腸内環境を悪くするから、できるだけ抗生剤は飲むな」って書いてあるし、

必要のない抗生剤を使用すると、抗生剤が効かない細菌が体内に棲みつくこともあるそうです。


必要ないものは飲まないに限ります!


私は、病院でいただいたものは
とにかく飲ませる派だったんですが

娘の体調を、よくよく観察したうえで
「飲ませない」って選択もあるんだなぁ
ってこれを読んで気付きました。

勉強になりました、とっても。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

押してくださる方がいらっしゃるのでこんな私でもブログが続いてます(´;ω;`)
うれしいです、ありがとうございます!!

by since111 | 2016-07-15 06:38 | 子育て

「時短」「簡単」「ズボラでも出来る」という言葉が大好きな私が、できるだけ無理をせず、自分も楽しみながら「家族みんなが帰ってきたくなる家」「仲良しで楽しい家族」を目指すブログ。


by saori