カテゴリ:子育て( 80 )

プチトマトを育てる。

娘とプチトマトを育ててみることにしました。
a0151356_10013629.jpg

自分が毎日お水をやって育てた野菜なら
食べられるかもしれないし、

植物を育てるのって久しぶりだから
私もちょっとワクワクするし。



野菜が大嫌いな娘ですが果物も大嫌い。

イチゴ、りんご、バナナ、みかん、桃など
子どもが好きそうな果物も絶対食べません。
唯一ジュースにすれば飲むことが出来るリンゴも、
そのままの形だとなぜか食べられず。

果物狩りに連れて行けば食べられるようになるかもと
連れて行ったこともありますが、
頑なに一口も食べなかった人なので

今回の作戦もダメかもしれないんですが
お水やりは楽しそうにしてますよ!


最近は、支柱のいらないトマトが売ってるんですね。
苗についていた写真がかわいくて購入しましたが
本数が足りなかったかな、ちょっと違う。笑
a0151356_10014501.jpg

私、なんでもすぐに枯らしてしまうので
枯らさないように気をつけます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
押してくださる方がいらっしゃるのでこんな私でもブログが続いてます(´;ω;`)
うれしいです、ありがとうございます!!


by since111 | 2017-06-16 00:00 | 子育て

ちょっと母っぽくなる。

とにかくめんどくさがりで、
「子どもが生まれたらアイロンとか毎日かけてあげられるの?」
「きちんとしてあげられるの?」
と、母に心配され続けてきた私が

娘の持ち物や制服に毎日ピシッとアイロンをかけています。
(あ、当たり前でしたかね?笑)
a0151356_10341931.jpg


娘が幼稚園に入って、はじめて参観日に行った日から
私の中で何かが変わりました。

教室でみんなの中にいる娘を見ながら
「もしシワシワのハンカチなんか使ってたらかわいそう」
「忘れ物とかさせたくないな」

私がちゃんとしてあげなきゃ!ってすごく思ったんです。
できるだけ娘にさえん思いをさせたくないなって思ったんです。


結婚して何年も経ちますが
夫の靴磨きは最近になってやっと毎日忘れずにできるようになりました。

夫を仕事場に見にいくことができる「参観日」がもしあれば
私はもっと早くからこれが出来るようになっていたかもしれない。笑


私の母は何から何までピシッとしてくれる人で
実家暮らしだった私は母のおかげで
いつもシワひとつないハンカチを持ち、服を着て、
磨かれた靴を履けていたんだと実感。


自分はそんな人になれるのか?って
ずっと疑問だったし、
これからは家族のこと全部私がやるのか〜と気が重かったので(笑

ちょっとだけ変われた自分が
嬉しかったという話です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
押してくださる方がいらっしゃるのでこんな私でもブログが続いてます(´;ω;`)
うれしいです、ありがとうございます!!


by since111 | 2017-06-08 00:00 | 子育て

幼稚園での野菜。

娘の幼稚園は、私が作るお弁当と
幼稚園の用意してくれる給食弁当が
交互にあるんですが、給食弁当の日には

「野菜が出るからやだ!幼稚園に行きたくない」
「先生が野菜食べなさいって言うんだもん」
と、泣いて泣いて、
靴を履かせても履かせても脱いで暴れて。

それでも引きずって行くんですが
あまりの愚図りっぷりに引きずることもできなくて
バスに間に合わなかったこともあるんです。

娘の給食については先生からも話を聞くんですが
先生の手も焼かせているみたいで‥申し訳ない。


そして、そのぶん私の作るお弁当の日を
ものすごく楽しみにしてくれている娘は

野菜は絶対入れないでね!
かまぼこ入れてね!ウインナーもいいな!
とウキウキ話すので茶色い弁当の出来上がり。

色味がないので、とにかく赤いピックと
緑のバランを使ってます。
a0151356_03154589.jpg

こんな弁当なのに楽しみにしてもらって
申し訳ない。笑


先日の親子遠足では近くのママとお弁当の話になり、

うちなんかオニギリと卵焼きと唐揚げだけよ!
ほら「偏食弁当」!

と笑って見せてくれる方や、とにかく
好きなものばかり入れてあげているママが多くて安心しましたが

給食をこんなに嫌がっている子は
あまりいないようです。



最近はやっと泣かずに行けるようになってきて
「ブロッコリー少しだけ食べてみた」なんて
言う日もあるので、

先生やみんなの力を借りつつ、
少しずつ食べられるようになってるのかもしれませんが、
「野菜を食べなさいって言われて泣いちゃった」
っていう日もあります。笑

先生‥ありがとうございます、ほんとうに。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
押してくださる方がいらっしゃるのでこんな私でもブログが続いてます(´;ω;`)
うれしいです、ありがとうございます!!


by since111 | 2017-06-04 03:18 | 子育て

子どもの野菜嫌い。

野菜が嫌いで嫌いで仕方ない娘。

とにかく緑の野菜をみつけたら全て排除する彼女は
お子様うどんに入っている小口切りのネギでさえ、
1つずつ取り除きます。細かい作業!笑

なんとか野菜を食べさせたい私と
毎食ケンカみたいになってしまって
食事の雰囲気が最悪です。
もう疲れたんですよね‥。お互いに。


そんな時に本で読んだ

「健康に良い食事というと、
ごはんより野菜をたくさん食べようとする人も多いのですが
それは主食が白米のときの栄養のとり方です」

という言葉。

そうか!ご飯で栄養を摂ればいいのか!
という発見でした。


娘も、ご飯ならしっかり食べてくれるので、
ご飯に栄養がしっかり入っていれば、
「野菜を食べろ、野菜を食べろ」と
叱ったり、イライラすることが減るのではないかと。


ご飯に混ぜることにしたのは
押麦とアマランサス。

a0151356_23012322.jpg

「アマランサス」という古代穀物は
「驚異の穀物」とも呼ばれる栄養価の高さで、
NASAに宇宙食としても採用されているスーパーフードなんです。

白米に比べ、食物繊維は約15倍、
カルシウム約30倍、マグネシウム約12倍、
鉄分は約12倍も多く含んでいるそう。

さらに「押麦」にも
食物繊維が白米の17倍も含まれているうえ
ビタミンが豊富。

これらでご飯の栄養をアップさせてます。





アマランサスは無農薬のものを買いますが
押し麦はそこらへんのスーパーに売ってる
安いのを買ってます。
押麦ってのは大麦の外皮を取り除いてから
蒸して、ローラーで押し潰して乾燥させたものなので
外皮を取ってるわけだし、農薬はそんな気にしなくていいか!と思ってます。




子どもの頃、あまり好きじゃなかったのに
大人になった今は大好きな野菜って私にもあるから

娘も大人になるまでずっとずっと
全部の野菜が嫌いってことはないんじゃないかなって
思うんですよね。

ちょっとずつ食べれるようになればいいや。

ドライカレー、餃子、麻婆豆腐、炒飯系は
どんなに緑の野菜を混ぜても食べるので
そういったメニューに頼りつつ、

今は蓮根やカボチャ、とうもろこしや芋など
好きな野菜を中心に食べさせておこうと思ってます。


もっとイライラせずに食事を楽しもう。
いいよ、もう。
食べたいものだけ食べてください。笑

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
押してくださる方がいらっしゃるのでこんな私でもブログが続いてます(´;ω;`)
うれしいです、ありがとうございます!!


by since111 | 2017-05-16 23:01 | 子育て
3月末に、娘が3歳になりました!
なのでトイレトレーニングに本気を出したら
3日で一応「漏らさない状態」になったので
そのやり方を書いてみます。

(これは同じ幼稚園に入るママさんに聞いた方法で
その人も「3日でマスターした」と言っていたので
真似しただけです。)


まず、これを買って
a0151356_13571113.jpg

普通の布パンツの上にセットする。
何回かは漏らさせて気持ち悪い感じをわからせてから

頻繁にトイレに連れていって
とにかくとにかく出るまで待つ。

トイレが1回出てしまえばコツを掴むらしく、

そこからは、ママのトイレのタイミングで
子どもも必ずトイレに連れて行っていれば
出来るようになる、とのこと。


私ははじめ、トイレのドアを全開にして
その前に自分が正座して、
娘の方に向けて、絵本を3~5冊読んでいました。笑
a0151356_13580719.jpg

頻繁に行く&1回の滞在時間を長めにしていたら
いつか出ます。

何回か繰り返しているうちに、ついに出て、
私もテンションが上がるので大はしゃぎ。
それを見て娘も嬉しそうで、
そのあとからは、私と同じタイミングでトイレに行っては
絵本3冊を読み聞かせ。笑

気付けば、2冊目くらいで出るようになり
2日目には1冊目で出るようになりました。

だんだんコツを掴んでくるんですね!

娘が遊んでいる時も
「はい、ママトイレ行くよ!一緒に行こう!
絵本1つ選んでおいで~!」
と言うと

え、あ、絵本を読んでもらえるんですか!
みたいな感じで嬉しげに絵本を選びに行くので
それを持って私はトイレの前に正座。

もう今では1ページ目を読んだところで
出るようになったので最後まで読んでません。(読んであげて!笑)


まだ大きい方をトイレで出来ないので
完全にマスターしたわけじゃないですが

ちゃんと一緒にトイレに行っていれば
もう1日中、オシッコは漏らしません。


これを繰り返していれば、そのうち
「トイレに行きたい」と自分で言えるようになる
とも聞きました。

とりあえず、幼稚園では先生が
定期的にトイレに連れていってくださるようなので安心。

「幼稚園がはじまるまでに、オムツを外してください」
にギリギリ間に合いました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
押してくださる方がいらっしゃるのでこんな私でもブログが続いてます(´;ω;`)
うれしいです、ありがとうございます!!


by since111 | 2017-04-05 00:00 | 子育て

夜泣きと間取り。


娘と一緒に21時とかから布団に入って
絵本を読んだりしながら
朝まで一緒に寝る、という生活を
2歳になった頃からずっと続けてきましたが

最近は、私が眠れない日があって
22時くらいにこっそり起きて
0時や1時くらいまで隣の部屋で夫とテレビ見たり携帯してる日があります。

そんな日には必ず
23時過ぎ頃に娘が起きて
「ママ、ママ」って呼んだり
シクシク泣いてる声が隣の部屋から聞こえたり

昨日は、ここの戸を少し開けて
a0151356_15241241.jpg

こっちを見ながら
「寂しい、寂しい」と嗚咽が出るほど泣いてました。

私が寝室に戻ると一瞬で寝てくれるので
そこは、さすがもうすぐ3歳!という感じで
夜泣き感は全くないんですが

一緒に寝ている日は、朝までぐっすりだということは
眠りが浅くなるたびに、私の存在を確認しているんだな~と
あらためて感じます。

いま、新しい家のことを考えたりしてるんですが
普通寝室って、こんなにリビングにひっついてないから

そんな間取りで暮らした場合どうなるんだろう、
娘の呼ぶ声が聞こえるのか不安だから
私は21時からずっと寝室なのかしらって考えたりしてます。
そう考えたら、この間取り最高!笑

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
押してくださる方がいらっしゃるのでこんな私でもブログが続いてます(´;ω;`)
うれしいです、ありがとうございます!!


by since111 | 2017-03-10 00:00 | 子育て
色々な低血糖症の本を読んでいると、
「子どもこそ低血糖症になりやすい」そうで

子供の低血糖症の原因で多いのが
「糖分と炭水化物の摂り過ぎ」と書いてありました。

お菓子はもちろん、
パンとかうどんとかおにぎりとか‥
そんなのばっかり食べてる、うちの子。
そして野菜をあまり食べない‥

寝付き、寝起きが悪かったり
すぐにぐずぐず言ったり
集中力が続かなかったり
だるそうだったり

そういった症状が出るようになってしまったら
低血糖症の恐れあり、だそうです。

ネットにも興味深い記事がたくさん。


血糖値の異常は将来非行の原因にもなるそうで、
よく出てくる話が
アメリカの保護監察官リード女史のデータ。
収容されている犯罪者106人中、
そのほとんどが血糖値異常者だった、とか
食事療法で通常は15~30%の更正率が、
80%の更正率になった、とか!

日本でも食生活が悪化すればするほど、
イジメをする子どもが増えるというデータや
「キレる」「だるい」「疲れた」「ムカつく」は
低血糖症状であるというような論文もありましたよ。


◼︎

とりあえず、ご飯にまた押し麦を入れ始めました。
a0151356_07573167.jpg

a0151356_07574345.jpg

おかずよりもごはん!な彼女なので
せめてご飯の食物繊維量を増やして、
血糖値をゆるやかに上げてやりたい。

押し麦には「水溶性食物繊維」が多く含まれていて、
これが体内でゲル状になって、
糖質や脂質を包み込んで吸収を抑えこむ
という嬉しい特徴の他にも
カリウム、カルシウムが豊富に含まれているらしいですよ!
(グルテンフリーを気にして押麦をやめてしまったけど
調べたら押し麦には「グルテン」が含まれていないみたいです。)


そして最近、スーパーとダイソーに行くたびに
「1つお菓子を買っていい?」と持ってくるので
家がお菓子だらけ。

おやつの時間に、そういうのを食べるのは仕方ないにしても
ごはんの後の「デザートを欲しがる癖」をなんとかしたいです‥

朝昼晩のごはんを食べ終わるたびに
「お菓子食べたいお菓子食べたい」って
言うんですよね。
今は毎食後に小さいグミを1粒で我慢させているんですが
あまりにぐずるので私と喧嘩になったりします。

食後に必ず甘いものを食べるなんて
完全に昔の私状態なので、これは治さなくては‥
(私は最近、食べなくても大丈夫になりました)

芋を与えると「違う」「これはお菓子じゃない」
とかって言うようになってしまって悲しいです。笑


一応、平日のお菓子は15時に1袋だけ、の約束です。
土日はどうしても、夫と一緒にお菓子を食べまくったり
おばあちゃん家でお菓子とジュースを食べ飲みし続ける感じになるので
(でも、それにいちいちキレてたら家族の雰囲気が悪くなるので)

平日だけは私が管理しよう、って気持ちで頑張ろう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
押してくださる方がいらっしゃるのでこんな私でもブログが続いてます(´;ω;`)
うれしいです、ありがとうございます!!


by since111 | 2017-02-28 00:00 | 子育て

2歳 頭を打つ。

これ昨日、娘が昼寝中に検索しまくったキーワード。

キッズスペースの低い丸い椅子の上に立って
「帰りたくない」と私から逃げていた娘。
その瞬間、椅子が前にひっくりかえって後ろに落ちて
頭の後ろを打って大泣きしました。

椅子が低かったし、よく転んで頭を打ったりはするので
そんな大ごとだとは思わず
泣き止ませて帰ったんですが

「今日は特別よ!」って大好きなパン屋さんに寄ってやっても
「頭が痛い」とか「歩けない」「帰る」とグズグズ言うし

だんだん顔色も悪くなってきて、

家に帰っても、真っ先に食べたがるパンを食べずに
「元気な時に食べる」とだけ言って寝てしまうし‥

様子がおかしい!
と思って検索をかけまくるんですが

「痙攣してる、とか嘔吐してる、とか
あきらかに様子がおかしい時には病院へ」
なんてことが書いてあって
娘には当てはまらないし‥

と悩んでいるところで、娘起床。

「ママ!寝たら元気になったよ!」
「パンは食べれない‥お菓子から食べていい?」と
大好きなパンに手をつけず
お菓子を少し食べたところで
嘔吐が始まりました。


すぐかかりつけの小児科に電話して
連れて行ったんですが
待合室でも「気持ち悪い」って泣くし
本当に怖すぎて。

でもその頃には、唇もピンクに戻っていたので
先生は「顔色も悪くないし大丈夫。
2、3日様子を見て様子がおかしければ脳の病院へ」
って感じでした。

大丈夫と言われても
帰りの車の中でも嘔吐が止まらない娘‥
「先生、ほんとうに?ほんとうに?大丈夫?( ; ; )」と思いながら
家に帰ったんですが

2時間程、横になってDVDを見させていたら
17時頃、ムクッと起き上がり
a0151356_06291394.jpg

「元気になった!」と言って
DVDに合わせて踊りはじめ
そこからは「お腹が空いた~」と、おかゆをペロッと食べて
「足りない」って焼き芋も食べて

いつもの娘に戻りました。

ほんとうにビックリしました。
気をつけよう、気をつけよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
押してくださる方がいらっしゃるのでこんな私でもブログが続いてます(´;ω;`)
うれしいです、ありがとうございます!!


by since111 | 2017-02-17 00:00 | 子育て
a0151356_11074433.jpg

怒る理由で1番多いのが「静かにして!」
だと思います。

下の階の人に迷惑だから
「飛ばないで!」とか「静かに歩いて!」とかそればっかり。

本人は悪気がないから可哀想だけど
ほんとにストレス。

このくらいの年齢って、ただ歩くだけで
うるさいですよね。


そして、すぐピョンピョンする。

「ドンドンしてたら下の人が、びっくりするからね」とか
一生懸命伝えてるのに、何回言ってもダメで。

靴下でさえ脱いでしまう人にスリッパなんか履かせられないし

もうこれは、とにかくとにかく公園や買い物に行くことですよね。
外に出る。

そして遅くまで起きていないようにさせる。
さっさと寝させる。

これしか出来ないです(>_<)


下の階の子が同い年だし、いい人だったのに
この前会った時に「引越したい」って
家探してたから、引越しちゃうかも、どうしよう。

「こんなに悩む日がくるなら1階に住めばよかったね」
って夫と言ってたんですが
1階に住んでいる友達が、2階の人から
「うるさい」って苦情がきて悩んでました。

何階に住んでも悩むのか‥

そして、みんな同じ悩みを持ってるんだなぁって
心強くなりました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
押してくださる方がいらっしゃるのでこんな私でもブログが続いてます(´;ω;`)
うれしいです、ありがとうございます!!


by since111 | 2017-02-11 00:00 | 子育て
「子どもと一生懸命向き合ってるつもりだし、
子どものために叱ってるのに、なんだか上手くいかない‥
そんな状況をいい方向に変える方法があります」

という裏表紙を見て、思わず手にとってしまったこの本。
a0151356_04273245.jpg


「満たされた子どもは手がかからない」
「難しくなってしまった子育てを安定化させていく方法」など。

気になる内容でした。


怒ったり叱ったりというマイナスの関わりを減らすことを考えるよりも

叱ったり怒ったりはそのままでいいから
プラスの関わりを増やす方向で過ごす方が
スムーズにいくとのことで、

具体例として、
できるときにだけでも「くすぐり」をして
親子で笑いあえる楽しい時間を作りましょう。
と書いてありました。

食事の後ののんびりした時間にくすぐるとか
保育園から帰って来たらくすぐるとか
お風呂のあとやパジャマに着替えたあとなど、
毎日の生活に「くすぐり」の時間を作ると
子どもの行動が対応しやすいものへと
だんだんと変わっていくから
騙されたと思ってやってみて!という感じ。

「くすぐり」は
子どもが満たされているという実感を得やすい
最高の関わりだそうですよ。

両手を広げて、子どもが飛び込んできたら抱っこ!
なんかもいいようです。

子どもと遊んであげてるつもりではいたけど
ふれあい遊びって少なかったかもと思いました。

例の待ち受け画面を少し変えて見ました。笑
a0151356_04274152.jpg

あとは、「ダメ!」って言うのではなく
「そういうことしたらママ困るな」「悲しいな」
という伝え方をする。
このとき大事なのが「待つ」ということ。
言葉でたたみかけてしまわず
じっと見つめながら様子を見守る。
そして、見つめているうちに子どもがやめたら
「わかってくれてありがとう(^^)」

これで心が通じるそう。

これはよく子育ての本に書いてあることですよね。
でもすぐ忘れてしまって、たたみかける私←


その他、「日本人は謙虚であることを美徳とするので、
使っているものを誰か他の子が欲しがると
「貸してあげなさい」というアプローチをしてしまうけれども、
本当はそれは本人のためにも相手の子のためにもならないことなのです。
子どもが貸したくないときは「そうだね~いまそれ使ってるものね」と
共感してあげることこそが、実は将来的に
貸し借りのできる子どもにする適切なアプローチ」とも。

それ、子育て広場で自分の子にやったら
イラっとされるやつですよね!笑

こっちが貸してほしがる側だった場合は
「それお友達が今使ってるよ、違うので遊ぼう」とか
「かして!って言ってみたら?」
(相手の子に)「貸したくないなら今、使ってるよって言ってもいいんだよ」
「今、使ってるみたいだから違うので遊ぼうか」

とかでもいいみたい。
じょ、上手に出来るかな‥笑

こっちが「かして」って言った段階で
むこうのお母さんが「かしてあげなさい」って
貸そうとしてくれそうで気まずい。

もう少し大きくなったら自然に「一緒に遊ぶ」とかも出来るようになるだろうし
なんか、やっぱり色々難しいので
くすぐります、とりあえず。笑

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村
押してくださる方がいらっしゃるのでこんな私でもブログが続いてます(´;ω;`)
うれしいです、ありがとうございます!!


by since111 | 2017-02-10 00:00 | 子育て

「時短」「簡単」「ズボラでも出来る」という言葉が大好きな私が、できるだけ無理をせず、自分も楽しみながら「家族みんなが帰ってきたくなる家」「仲良しで楽しい家族」を目指すブログ。


by saori